登戸学寮での日常から、寮生の生活が伺えるひとコマをご紹介します。
 楽しそうな表情も見えて、ちょっとうれしくなります。


     
    

 7月某日、すぐ近くの廣福寺さん
 にお願いして、七夕飾りのために
 竹を切らせていただきました。
           



 良さそうなのを探しています。
  




 切り出した竹を早速持ち帰り。


 長さを調整しながら、根元のとこ
 ろを切断。

 


    


 物干し台と屋根の軒下で挟み込む
 ように設置。
 
 


 短冊にはどんな希望や願いが書かれ
 たのでしょうか。  

  




  学寮では定期的に草むしりが行わ
  れます。
            

  ある時はミステリーサークルが出
  現し
      またある時は職人が現れ
     




   

こーんな大物が採れることも
(注:食べられません。)
            



 


 きれいになった中庭でバレー
 ボール

   

 大学でバスケットサークルに所属して
 いる寮生K. S.さんの要望により、
 バスケットゴール設置が決定。
 
 試験などで開封する時間がなく、よう
 やく時間が取れた6月某日。              

  

     


  組み立てて遊ぼうと意気込んだ
  ものの、ちょっとしたハプニン
  グで交換品が届くまで、作業は
  一時お預けに。

  約一週間後、仕切り直して組み
  立て。

  「あれ?ゴールと支えの向き、逆??」
   ・・・付け替え。

  「やっぱりさっきので合ってた!」
  「え~、俺もうやだよ~。」

  「・・・・・・付け替えよ。」
  「・・・・・・。」

  そしてやっと



     

  完成!



   

 寮ではしばしばゲーム大会が開催され
 ます。
              


     


 中でも寮生のH.S.さんはボードゲー
 ムに詳しく、面白いゲームをたくさ
 ん紹介してくれます。







 入寮式から数週間後の4月某日、
 晴れた日を選んで記念樹(ブルー
 ベリー)の植樹が行われました。
          

   6月某日、実がなりました!
   今年の収穫は4粒。
   来年への期待が高まります。