登戸学寮では寮や寮生自らが主催する各種の行事が計画されています。
 新たな仲間や友人を発見する機会や、地域社会と触れ合う場となるでしょう。
 寮での生活を彩る大切な時間です。


      行   事

      行   事

4月

 入寮式

10月

5月

 防災訓練

11月

 講演会・寮友交流会(OB・OG会)

6月

 黒崎幸吉記念講演会

12月

 クリスマス会

7月

 

1月

 成人式

8月

 閉寮期間

2月

 卒寮式 / 閉寮期間

9月

 

3月

 閉寮期間


    行事区分

           行   事

 食事会

 ガーデンパーティ・流しそうめん・バーベキュー

 遠足会

 江ノ島 など

 スポーツ大会

 フットサル・ソフトボール大会 他

 懇親会

 新入生歓迎会お花見

 地域行事

 いかだレース



   以前の行事のページへ⇒


                           
   

 7月21日(日)第29回多摩川いかだレースに参加しました。  (2019.07)








  今年で8回目の出場となる今回は、
 昨年出場の経験者1名を含む計3名で
 出走、いかだも寮生手作りの新作でし
 た。






  当日は増水で川の流れが速く、スタ
 ート前に流されるフライングがありま
 したが、1300メートルの距離を17分
 12秒で無事にゴール。  














 全体89チームの中で46位(学生の部では3位)でした。








 寮生、卒寮生も応援に駆けつけました。
 レースの後は、恒例のバーベキューで
健闘を讃えました。  






   

 7月14日(日)、空模様の優れない中、前期の大掃除を行いました。(2019.07)






 いつものことですが、長期休みに入る前に冷蔵庫の掃除は欠かせません。賞味期限が平成のものは、もう残っていないはず。


 窓やホワイトボードなどもピカピカに磨き上げました。あとは夏休みを待つだけです。    




   

 去年の大掃除の際に「発掘」され、中
庭に植えられたじゃがいも。順調に芽が
出たものの、モグラにやられたのか、い
つのまにか種芋ごと姿を消していました。              (2019.07)








 今年も大掃除に先立ってどこからともなく「発掘」されたじゃがいも。農学部のMさんが、今年こそはと意気込んでいます。収穫が楽しみです。
   

 7月某日、今年も中庭から笹を切り出
して七夕飾りを設置しました。             (2019.07)






 子ども教育を学んでいるLさんが、授業で習ったというかわいらしい飾りを沢山作ってくれました。






 織姫と彦星が嬉しそうに並んで風に揺
れています。    




   

 6月16日(日)前期の寮生大会が開催
されました。       (2019.06)






 共用部分の片付けや掃除は、おそらく
どこの寮でも頭の痛い問題でしょう。
われらが登戸学寮も例外ではありません。
 それでもなんとか解決策を探して皆で
快適に生活するべく、知恵を絞ります。


 ちなみに寮生大会の決定の結果、男子
の脱衣所は上の状態が右の画像のように
なりました。    




   

「コーチングではじめる
  セルフ・ブランディング」
 6月16日(日)、コーチングの専門家
を登戸学寮にお招きしました。
 コーチングの基本からモチベーション
の上がり下がり、自分が大切にしている
価値の分析まで盛りだくさんな内容で、
2時間があっという間でした。
             (2019.06)











 二人組でグループワークをする中で、
普段顔を合わせている寮生の意外な趣味
を知ったり、聞き上手な寮生についつい
色々なことを話してしまったり。
 自分自身についてだけでなく、他人に
ついても理解の深まった一日でした。
   

 6月2日(日)14時より、今年も今井
館記念講堂をお借りして、黒崎幸吉記念
講演会を開催いたしました。(2019.06)


皆で会場の設営


休憩中にお茶菓子も準備


 今回の3つの講演のうち、以下2つの
講演を寮生が行ないました
 ・「アメリカのバリアフリー」
 ・「マレーシア・ボルネオ島スタディ
   ツアーに参加して」


 寮生の講演は「寮生活動支援制度」を
利用した寮生の活動報告を兼ねており、
経験を通した豊かな学びを共有してくれ
ました。    


「アメリカのバリアフリー」


「マレーシア・ボルネオ島スタディツアー
 に参加して」


 当日は6月初旬とは思えない蒸し暑さ
の中、約30名の方が会場に足を運んで下
さいました。改めて御礼申し上げます。
 なお、講演録は「方舟」60号に掲載予
定です。









 

今井館の前で記念撮影

   

 この4月から寮の仲間に加わった、マレーシア出身のLさん。先日礼拝当番がまわってきた際に、これまでの日本生活の感想を語ってくれました。   (2019.06)


中国語もできるLさんに、発音を教わる


Lさん特製、豚肉を生薬と一緒に煮込んだ
「肉骨茶(バクテー)」

  ホームシックになることもあるそうで
 故郷の味が心の慰めになるとのこと。
 

 マレーシア料理をふるまってくれたり、
語学を教えてくれたりと、皆の世界を広げ
てくれています。    


サテソースと焼き鳥で即席「サテ」

   

 学寮の中庭に植えてあるブルーベリーの木に、今年初めての実が成りました!
              (2019.06)


今年初めての実が


枯れ枝だけの右2本が、植替え直後の状態

  実はこの木、去年草刈りの際にうっか
 り雑草と一緒に切ってしまい、植え替え
 たものなのです。
 

 せっかくだからと植え替えの際に本数を
増やして、現在は全部で6本の木が植わっ
ているのですが、今年は復活したこの木に
一番立派な実がついています。

 喜びもひとしおです。    


昨年6月の様子。復活の兆し

   

 5月19日(日) 毎年恒例の防災訓練を
行いました。      (2019.05) 




 非常持出袋の中身の点検、AEDや消火
器の使い方、通報の手順など、非常時に
備えてしっかりと確認しました。


 訓練中のちょっとした手違いは、い
ざという時に慌てない、大切な教訓と
なりました。






 

   

 5月某日、今年初めての草刈りをしま
した。         (2019.05)
 今回は新1年生のNさん、Oさんという
新たな戦力を得ての草刈りです。           






 初めて操作する電動草刈り機を使いこ
なし、思わず寝転がりたくなる中庭が完
成しました。






   

 カラフルな写真満載で学寮の最新情報
をお知らせする「登戸学寮ニュース」。
 第6号が完成し、発送作業を行いまし
た。            (2019.05) 






 両手を駆使して猛スピードで作業をこ
なす大ベテランから、この春入寮したば
かりで動きがぎこちない新人まで、さま
ざまな寮生の手を通して皆様のお手元に
届きます。
 どうか楽しんでいただけますように。



   

 学寮の中には、創設当初から使い続け
られているものがいくつかあります。
 そのうちの一つが食堂の木製机。              (2019.05) 




 まだまだ現役ですが、天板などに傷み
がでてきているため、いつもお世話にな
っているKさんに補修をお願いしました。


 華麗なるビフォー、アフターをご覧
ください。






 

   

 到着が早かった人は入寮から約2週間、遅かった人は約1週間が経過しました。              (2019.04) 




 すっかり寮に馴染み、伸び伸びと生活
している様子がうかがえます。先輩たち
と一緒に卓球をしたり、部屋を暗くして
ホラー映画を鑑賞したり、はたまたジェ
ンガで真剣勝負をしたり。


 多くの人と一緒に暮らす寮生活ならで
はの光景です。  


   

 今年度は男子4名、女子2名の新入寮
生を迎え、4月7日(日)14時より入寮式
を執り行いました。
 式では新入寮生がそれぞれに新生活
への抱負を語ってくれました。              (2019.04) 





 列席していた在寮生が急に指名を受け
て登壇し、祝辞を述べるひと幕も。普段
の朝拝で鍛えた(?)話術を披露して、
式を盛り上げてくれました。


 式のあとは恒例の軽食会でお祝いで
す。食後は中庭でフリスビーやドッジ
ボールをしたり、プレイルームでスマ
ブラ大会をしたり。  






 夕方には先輩が新入寮生を誘ってカラ
オケへと出かけて行き、帰ってきてから
も食堂でボードゲームをして親睦を深め
ていました。

 新入寮生の皆さん、
  登戸学寮へようこそ。
 これからの生活が楽しみです。

   

 学寮の生活は多くの職員さんの献身的
な働きによって支えられています。
 この日は新学期が始まる前の打ち合わ
せです。寮生の食の好みや最近の様子ま
で、細やかに気を配ってくださっている
ことが端々からうかがえ、改めて感謝の
念を深くしました。    (2019.03)